子どもが「死にたい」と思う瞬間に考えていること

不登校経験者へのアンケートで判明

不登校経験者に、『死にたい・消えたい』と思うときはあるか、また、それはどんなときかをたずねたところ……(画像:不登校新聞)

不登校新聞では1998年の創刊以降、多くの不登校当事者・経験者のインタビューを掲載してきました。そのなかには「死にたい・消えたい」と語る子どもたちも、すくなくありません。夏休み明け前後の8月後半から9月前半は子どもの自死が1年でもっとも多い時期です。

そこで、本紙の子ども若者編集部員にアンケートを実施。「死にたい・消えたい」と考えたことがあるか否か、それはどんなときかなど、19名の不登校経験者から寄せられた声から考えます。

不登校経験者に聞く「死にたい・消えたい」と思うとき

今回、本紙の子ども若者編集部メンバーを対象に、「不登校経験者に聞く~『死にたい・消えたい』と思うとき」と題し、アンケートを実施したところ、19名から回答がありました。

当記事は不登校新聞の提供記事です

アンケートではまず、不登校をしていた当時に「死にたい・消えたい」と考えたことがあるか否かについて聞きました。その結果、19名中17名が「ある」と回答しています。

つぎに「死にたい・消えたい」と考えた回数についてたずねてみると、もっとも多かったのが「10回以上」(11人/64・7%)と6割を超えました。以下、▼「1~2回」(3人/17・6%)▼「5~10回」(2人/11・8%)▼「3~5回」(1人/5・9%)という結果になりました。

(画像:不登校新聞)
自分で自分を責めてしまう

では、どのようなときに「死にたい・消えたい」と思ったのか。複数回答でたずねた質問でもっとも多いのは「自分で自分を責めてしまうとき」(15人/88・2%)という回答でした。つづいて多かったのは「学校へ行きなさいと周囲から言われたとき」「学校へ行っていないことで周囲から注意・叱責されたとき」(ともに6人/35・3%)となっています。

今回のアンケートは、本紙の子ども若者編集部のメンバーが対象であり、不登校経験者の声を代表するものではありません。しかし、回答者の大半が「死にたい・消えたい」という思いを抱き、苦しんできたことがうかがえます。

また、「家族から『お前は生かされているだけ』と叱責されたとき」「相手は注意・叱責とは思っていない程度の気軽な感じで『今日学校は?』と聞かれたとき」などにそうした思いを抱いたという声もありました。

次ページ不登校の子どもに対する注意や叱責
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT