佐々木則夫・東芝社長--延長線上で考えずに発想変えて挑戦していく


--どこかのタイミングで、世界の需要が原発から、再生可能エネルギーにシフトする懸念は。

再生可能エネルギーのコストも実際の発電段階では高い。天候にも左右される。ですから、基幹電源は必要です。原発を再生可能エネルギーにシフトできるとは考えられない。

--政府から出ている「日本の電機メーカーは数が多すぎる」という業界大再編論を、どう思いますか。

細かい再編は起きていますし、時間が経つと大きく変わっていく可能性は十分ある。東芝がウェスチングハウスを買ったのも再編ですから、日本の中で社数が多いといってもあまり意味はない。原子力では日本に3社ありますが、3社とも別の海外企業と組んでいるので、再編すると独禁法違反になる。

結局、技術や製品ごとにビジネスに合った形でしか再編統合は起きません。社外から言われてもできない分野と、社外から言われなくてもやる分野がある。再編したくなるようなサポートを国がするのは、それはすごくすばらしいと思います。

■東芝の業績予想、会社概要はこちら

(鈴木雅幸編集長、山田雄大 撮影:吉野純治 =週刊東洋経済2010年6月26日号)

ささき・のりお
1949年生まれ。早稲田大学理工学部卒、72年東芝入社。一貫して原子力事業に携わり、執行役常務兼原子力事業部長としてウェスチングハウス買収では陣頭指揮を執った。2008年取締役副社長、09年6月から現職

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。