佐々木則夫・東芝社長--延長線上で考えずに発想変えて挑戦していく


 成功モデルという過去の栄光が邪魔している面もあったろう。もう一度、ダイナブック時代のオリジナリティを思い出さないといけない。

■投資基準はROI 競争力の源泉に

--「選択と集中」という意味で東芝は、半導体と原子力に注力しているが、両事業の時間軸が違いすぎて、経営が大変ではありませんか。

私自身が専門知識や技術を完全に理解することはできません。ですが、ちゃんと経営はできています。投資を判断する順番や基準は、半導体も原子力も同じですから。

NANDの投資では、投資効率を高めるように、たくさん口出ししています。半導体の投資案件のサインは、事業部が求めるスピード感に遅れたことは1回もない。

--投資基準をどのように決めているのですか。

ROI(投下資本利益率)が中心です。分母を小さくしてリターンが得られれば、競争力の源泉になる。

半導体の投資では、これまで投資時期が違う案件は、別々の回収期間を考えていましたが、同じ技術の延長線上で同じ製品を作っているなら、包括的に投資回収の効率性を考えて評価する形に変えました。こういった「包括投資」と、一個一個の単位で投資効率を判断していく「原単位投資」の考えを重視しています。

また、半導体工場の建設費や運転経費ではサムスン電子をベンチマークにして、それよりも投資対効果を高くするようにやっています。7月に着工するフラッシュメモリの第5棟は、面積がほとんど同じの第4棟より2ケタ%も安く、建物や空調への投資ができます。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT