佐々木則夫・東芝社長--延長線上で考えずに発想変えて挑戦していく


 成功モデルという過去の栄光が邪魔している面もあったろう。もう一度、ダイナブック時代のオリジナリティを思い出さないといけない。

■投資基準はROI 競争力の源泉に

--「選択と集中」という意味で東芝は、半導体と原子力に注力しているが、両事業の時間軸が違いすぎて、経営が大変ではありませんか。

私自身が専門知識や技術を完全に理解することはできません。ですが、ちゃんと経営はできています。投資を判断する順番や基準は、半導体も原子力も同じですから。

NANDの投資では、投資効率を高めるように、たくさん口出ししています。半導体の投資案件のサインは、事業部が求めるスピード感に遅れたことは1回もない。

--投資基準をどのように決めているのですか。

ROI(投下資本利益率)が中心です。分母を小さくしてリターンが得られれば、競争力の源泉になる。

半導体の投資では、これまで投資時期が違う案件は、別々の回収期間を考えていましたが、同じ技術の延長線上で同じ製品を作っているなら、包括的に投資回収の効率性を考えて評価する形に変えました。こういった「包括投資」と、一個一個の単位で投資効率を判断していく「原単位投資」の考えを重視しています。

また、半導体工場の建設費や運転経費ではサムスン電子をベンチマークにして、それよりも投資対効果を高くするようにやっています。7月に着工するフラッシュメモリの第5棟は、面積がほとんど同じの第4棟より2ケタ%も安く、建物や空調への投資ができます。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。