佐々木則夫・東芝社長--延長線上で考えずに発想変えて挑戦していく

佐々木則夫・東芝社長--延長線上で考えずに発想変えて挑戦していく

社長就任から1年。2501億円の営業赤字(2009年3月期)から一転、10年3月期には1171億円の営業黒字にV字回復させた。ただし、これは4300億円に上る固定費削減が主因。真の復活のためには成長戦略が欠かせない。半導体のNAND型フラッシュメモリ(以後、NAND)と原子力発電という2大事業がエンジン役だが、国の支援を受ける韓国勢が躍進を遂げている。東芝は今後どう戦うのか--。佐々木則夫社長に聞いた。

--成長機会は海外に求めていくと思いますが、東芝がライバル視、ベンチマークとしている海外企業はどこですか。

重電ではシーメンス、半導体やテレビなどはサムスン電子。原子力ではフランスのアレバがいますが、特殊な会社なのでベンチマークとしてはふさわしくない。主に2社を研究しながら、どうやって対処していくかを考えています。

--開発思想という面で、最近特に存在感を増しているアップルやグーグルといった企業を、どう思われますか。ソニーはグーグルとテレビで提携しましたね。

グーグルは、われわれとビジネス形態が違うため、アライアンスなどをやっていく相手です。ソニーさんと同じようなことはやりますし、今いろんなことを考えています。

アップルは、オリジナリティで勝負してきて、今、時代の先頭に立っている。東芝はかつてダイナブックで、世界で初めてノートパソコンを出し、一時シェアも世界一でした。が、ポートフォリオが古くなっているのかもしれない。

--東芝も含めて日本企業はなぜ、アイフォーンやアイパッドを開発できなかったのでしょう。

延長線上で全部考えるからです。今のパソコンや携帯電話にどういう機能を足そうか、とか考えていたから負けてしまう。つまり、最軽量や最薄といったことを追求した結果、いちばん薄いけど高コストの製品を作ってしまった。そこは反省しており、発想を変えてチャレンジしていく。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。