災害が多発する地球と「人新世」が未来に残す痕跡

コロナ禍が問いかける現代の物質文明のあり方

私たち人類は地球環境をどのように変えてしまい、未来に何を残すのでしょうか(写真:Blue flash/PIXTA)
豪雨や森林火災、そしてコロナ・パンデミック。地球は今、私たち人類によって大きく変容し、さまざまな問題を抱えている。では、遠い未来に、私たちの文明はどのような痕跡を残し、どのように記憶されるのだろうか?
5000万キロにわたって延びる道路、放射能で2万年後まで住めない土地、10万年後も残り続ける二酸化炭素、膨大なプラスチックごみ……。私たちのはるか未来の子孫たちは、人新世が残したどのような「化石」を発掘することになるのだろうか?
今年5月に日本語版が刊行された『FOOTPRINTS(フットプリント) 未来から見た私たちの痕跡』について、神戸大学大学院国際文化学研究科教授の塚原東吾氏が解説する。

災害が多発する現代の地球

私たちは、すでに多くの気候災害が起こっている時代に暮らしているようだ。

ここ数年を振り返ってみるなら、2018年には広域での豪雨が多くの被害をもたらし、岡山の真備町や広島県呉市では大規模な浸水があって、14府県で200名以上が亡くなった。

『FOOTPRINTS(フットプリント) 未来から見た私たちの痕跡』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2019年には台風が日本各地を連続して襲い、河川の氾濫を引き起こし、新幹線が水没した。2020年にも前線の活発な活動で、熊本県球磨村や岐阜県下呂市で大きな被害があった。

そしてまだ記憶に新しい今年の夏も、日本では季節外れの前線の活動が活発で、熱海や九州の各地で土砂災害などが多発した。ここ数年で、「線状降水帯」という言葉もすっかり定着したようだ。

海外に目を向けてみても、ヨーロッパやアメリカでの森林火災はますます大規模化している。メキシコ湾のハリケーンや、ヨーロッパ中部での豪雨も例外的な事象と呼ばれるような規模になっている。

次ページ「人新世」という新しい時代
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT