大注目の「イベルメクチン」効果はどれほどなのか

「家畜の寄生虫退治薬」に希望者が殺到している

CDCの研究者らは、イベルメクチンの使用に関し中毒対策センターへの問い合わせが激増していると話す。アメリカ中毒対策センター協会のデータによると、7月の問い合わせ件数は通常の5倍に達したという。

ミシシッピ州保健局は8月、州の中毒対策センターに寄せられた問い合わせの7割が、動物用医薬品の取扱業者から入手したイベルメクチンを摂取した人たちからだったことを明らかにした。

サウステキサス毒物センターの医長を務める毒物学者のショーン・バーニー医師は、イベルメクチンに関し同センターが2019年に受けた問い合わせは191件だったのに対し、今年はすでに260件に達したと話す。年末には390件に到達するペースだ。最近の問い合わせの圧倒的大多数は、新型コロナを治療したり予防したりしようとして動物用のイベルメクチンを摂取した人たちからのものだという。

「イベルメクチンの使用はやめて、ワクチンを接種するよう強くお願いしたい」とバーニー氏は懇願する。「現時点ではワクチンが最善の予防策だ。それ以外はリスクでしかない」。

吐き気や筋肉痛、下痢を訴える人も

バーニー氏によると、イベルメクチンを摂取し、センターに問い合わせてきた人の中には、吐き気や筋肉痛、下痢を訴える人もいた。過去には過剰摂取で死亡したケースもあるが、新型コロナと明確に関連していたかどうかはわからない。

家畜用の薬を使用する最大のリスクは、人間にとって適切なレベルをはるかに超える量を摂取してしまうことだとバーニー氏は言う。カプセル1つの含有量が、人間にとって適切な摂取量の10〜15倍になる場合もあるからだ。

イベルメクチンは1970年代後半に動物用医薬品として導入された。一部の寄生虫病治療でヒトに対する有効性を発見した研究は、2015年にノーベル生理学医学賞を受賞している。

次ページ効果を示すエビデンスはあるのか
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT