お産と子育てにまつわる選民意識

「自然な〇〇」という脅し

はやりの健康ネタからディープな東洋医学知識まで、2年先まで予約が埋まるアシル治療室院長の鍼灸師・若林理砂が徹底解説。今回は「自然なお産」、「自然な子育て」にまつわる問題について。

 

産み場所は考えていますか?

Twitterでフォローさせて頂いてるお医者さんが『「自然出産」を礼賛するメディアの背景』というブログを紹介されていたので、今回は自然なお産とか子育てについて。まあ、ざっと読んでみてよ。

わたしはですね。自然なお産・自然な子育てってカテゴリーに入っている事柄が、実はあまり好きではありません。なんというか、妙な気分になるんですよ。私自身、『分娩台よさようなら』とか『命を産む』とか『幸せなお産が日本を変える』とか『ニューアクティブバース』とか散々読んだクチで、「助産院で産みたい」「母乳育児が!」「布おむつじゃないと!」「自宅出産もいいな……」などなど。いわゆるナチュラル志向の妊婦だったのですよ、最初ね。

母にとって心地よい=子にとって安全?

でも、最初にかかった産婦人科医師のすごい剣幕に「これは?!」と思って勉強しなおしたんだよね。ちなみに、その先生がどこの先生かというと、ここ。「目黒東口レディースクリニック」。

当記事はプレタポルテ(運営:夜間飛行)の提供記事です

めちゃくちゃ混んでます。ものすごい待たされます。でも、凄くいい先生。分娩は取り扱ってないので、出産に関しては別の大きな病院を紹介してもらったんだけどね。

先生が「産み場所は考えていますか?」と聞かれたので、「助産院とかはどうなんでしょう」と聞いたときの先生の話しぶりったら!

「助産院で産むなら紹介状は一切書かないよ。お母さんにとって心地よいお産が赤ちゃんにとって安全なものではないんだからね! お母さんは出産ではめったに死なないけど、赤ちゃんは死にますよ」と、ものすごく丁寧にかつきっぱりとお話ししてくださいました。

次ページ「自然な○〇」で選る優越感・選民思想
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。