「ホワイト企業」、お得度高い中堅トップ20 データを読み込んで、インターンシップに行こう

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小

トップ3は、1位アシックス(263.4点)、2位SCSK(257.3点)、3位アンリツ(255.8点)。CSR合計得点は数点しか違わないが、よく見ると、この3社で評価されている分野は異なっている。

アシックスは“バランス型”で中堅企業のトップに

アシックスは「人材活用」が89.5点で20社中トップ。SCSKは「企業統治+社会性」が90.8点で同トップ、さらに「人材活用」も86.8点と比較的高い(同3位)。アンリツは「環境」が91.3点で同トップだ。いずれもROE(自己資本利益率)は10%以上で本業は好調。CSR評価の得意分野を確認することで各社の特徴がわかり、就活で重視したい評価ポイントも見つけやすい。

アシックスはCSR評価の3分野とも80点台と、バランスよく得点している「万能タイプ」。SCSKはIT系のため「環境」得点が若干低い。だが、「人材活用」、「企業統治+社会性」の評価が高く、「社会や働く人にやさしい企業」といえよう。アンリツは「環境面が特に優れている」と各社の特徴を一言で言い表すことができる。

次ページITにしてワークライフバランス重視の企業とは?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT