「ホワイト企業」、お得度高い中堅トップ20

データを読み込んで、インターンシップに行こう

トップ3は、1位アシックス(263.4点)、2位SCSK(257.3点)、3位アンリツ(255.8点)。CSR合計得点は数点しか違わないが、よく見ると、この3社で評価されている分野は異なっている。

アシックスは“バランス型”で中堅企業のトップに

アシックスは「人材活用」が89.5点で20社中トップ。SCSKは「企業統治+社会性」が90.8点で同トップ、さらに「人材活用」も86.8点と比較的高い(同3位)。アンリツは「環境」が91.3点で同トップだ。いずれもROE(自己資本利益率)は10%以上で本業は好調。CSR評価の得意分野を確認することで各社の特徴がわかり、就活で重視したい評価ポイントも見つけやすい。

アシックスはCSR評価の3分野とも80点台と、バランスよく得点している「万能タイプ」。SCSKはIT系のため「環境」得点が若干低い。だが、「人材活用」、「企業統治+社会性」の評価が高く、「社会や働く人にやさしい企業」といえよう。アンリツは「環境面が特に優れている」と各社の特徴を一言で言い表すことができる。

次ページITにしてワークライフバランス重視の企業とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT