「ホワイト企業」、お得度高い中堅トップ20

データを読み込んで、インターンシップに行こう

トップ3は、1位アシックス(263.4点)、2位SCSK(257.3点)、3位アンリツ(255.8点)。CSR合計得点は数点しか違わないが、よく見ると、この3社で評価されている分野は異なっている。

アシックスは“バランス型”で中堅企業のトップに

アシックスは「人材活用」が89.5点で20社中トップ。SCSKは「企業統治+社会性」が90.8点で同トップ、さらに「人材活用」も86.8点と比較的高い(同3位)。アンリツは「環境」が91.3点で同トップだ。いずれもROE(自己資本利益率)は10%以上で本業は好調。CSR評価の得意分野を確認することで各社の特徴がわかり、就活で重視したい評価ポイントも見つけやすい。

アシックスはCSR評価の3分野とも80点台と、バランスよく得点している「万能タイプ」。SCSKはIT系のため「環境」得点が若干低い。だが、「人材活用」、「企業統治+社会性」の評価が高く、「社会や働く人にやさしい企業」といえよう。アンリツは「環境面が特に優れている」と各社の特徴を一言で言い表すことができる。

次ページITにしてワークライフバランス重視の企業とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。