誤解されない話し方 説得力より納得力 梅田悟司著

誤解されない話し方 説得力より納得力 梅田悟司著

会話の中での行き違いから生じた誤解が、トラブルにつながることは珍しくない。こうした誤解にどう対処していくかは、コミュニケーションにおける重要な問題の一つであり、ことビジネスにおいては無視することができない問題だ。コピーライターとして活躍する著者はすべてのコミュニケーションにおいて、重要なことは「円滑に自分の意見を通し、相手を『説得』するのではなく、『納得』させることである」と指摘する。

言語学のある統計によれば、日本語の会話の判読率(正しく理解できる確率)はたった2割にすぎないという。誤解されやすい日本語会話でいかに自分の発言を正しく理解してもらうのか、プロのスキルを伝授する。

講談社+α新書 880円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。