タリバン謎の「イメチェン」意図はどこにあるのか

女性の権利認めるという新生タリバンの実態

8月17日、アフガニスタンの首都カブールで記者会見を開いたタリバン(写真:Jim Huylebroek/The New York Times)

アフガニスタンで権力を掌握したイスラム主義組織タリバンが、イメージチェンジを図っている。20年前までの極端なイスラム教解釈による女性の権利侵害は行わず、就労や就学を容認したり、装いも髪を隠す程度の比較的緩やかな規範を示したりするなど内外に柔軟姿勢をアピール。

アメリカ軍撤退で一気に権力を握り、首都カブールを秩序立って治める統制の取れた動きを見せて「ニュー・タリバン」(新生タリバン)を印象付け、国内外の驚きと疑心暗鬼を誘っている。

1996〜2001年のタリバン前政権時代、女性の教育が禁じられたり、むち打ちや石打ち刑などイスラム教の聖典コーランに記された刑罰であるハッド刑をそのまま適用したりした。一方、イスラム圏の多くの国々では、現代的な価値観に基づいた解釈や実際の運用がなされている。極端なイスラム法の適用はタリバンの残忍かつ後進的なイメージとなり、国際社会から批判を浴びた。

タリバンは、20年前の失敗の教訓を生かしているようだが、国際社会からの孤立を回避するための戦略的な広報宣伝との見方も根強い。

女性の権利認める驚きの発言

8月17日、アフガニスタンの首都カブールで記者会見を開いたタリバンの広報官は、「女性には、仕事であれほかの活動であれ、すべての権利が与えられる。なぜなら、女性は社会にとって重要な位置を占める存在だからだ。イスラムという制限の中では、すべての権利が認められることを保証する」と発言。

「イスラム法の枠内であれば、女性は非常に活動的になる」とも語っており、聞き間違えたのではないかと思うほどに、かつてのタリバンとは異なった印象を受ける発言だ。

次ページ残忍なイメージの払拭に躍起
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT