日本企業がやりがちな「悪いアジャイル」の克服法

短絡的な官僚組織の否定が成功の芽を摘み取る

日本企業にアジャイルを正しく導入するには何が必要なのでしょうか(写真:よっし/PIXTA)
ソフトウェア開発の手法として有名な「アジャイル」を大企業に応用し、変革スピードを高める方法についてまとめた『AX(アジャイル・トランスフォーメーション)戦略』が翻訳出版された。日本企業の現場力を飛躍させ、競争力を高めるために、アジャイルを正しく導入するには何が必要か。本書の監訳・解説者がその秘訣をまとめた。今回は前編に続き、後編をお届けする。

第2ステージ 大気圏の脱出:アジャイルの拡大

組織のベクトルを「外向き」にし、顧客へと向かわせるのがAX(アジャイル・トランスフォーメーション)だ。AXには、次の3つのステージがある。

第1ステージ:ロケットの離陸 (アジャイルチームの立ち上げ)
第2ステージ:大気圏の脱出 (アジャイルの拡大)
第3ステージ:成長軌道に乗せる (アジャイル企業へ)

第1ステージを解説した前編に続き、本稿では、第2ステージ以降について解説していこう。

『AX(アジャイル・トランスフォーメーション)戦略』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

アジャイルチームが離陸し、革新的な真の顧客価値を提供する商品・サービスなどを事業として本格化していくには、必要な人・モノ・カネが増え、関わる人や組織も増えていく。

変革においてマネジメントの頭を悩ませるのは、「事業の変革・イノベーション」と「通常業務の運営」の両輪を回し続けることの難しさだ。

日本の企業では、アジャイルや変革の取り組みの拡大期に、「通常業務の運営」サイドからの強い重力場に引っ張られて墜落・失速してしまうというケースが頻出する。

離陸までは小さなチームの取り組みとして特に問題視されてこなかったことも、スケールさせる段になると周囲から大きな注目を集め、抵抗勢力からの圧力が格段に強くなる。この圧力を突破することができなければ墜落・失速は避けられない。

次ページ第2ステージでよく見られる失敗のパターン
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT