「破壊的な変革」を実現させるDX成功のコツ

「DXの70%が失敗している」背景に何があるのか

バズワード化しているデジタルトランスフォーメーション(DX)ですが、実は70%は失敗しています(写真:anyaberkut/iStock)
デジタルトランスフォーメーション(DX)がバズワード化しているが、実は「DXの70%は失敗している」。「破壊的な変革」を成功させ、規律あるイノベーター、進化し続ける究極のマーケットリーダーになるためには何をすればよいのか。
長年にわたってP&Gの変革を指揮してきたトニー・サルダナ氏の新刊『なぜ、DXは失敗するのか? 「破壊的な変革」を成功に導く5段階モデル』を監修、日本語版への解説を執筆したEYストラテジー・アンド・コンサルティングの髙見陽一郎氏が、DXをてこにして企業が継続的に飛躍していくための4つのポイントについて解説する。

DXをてこにする4つのポイント

近年、デジタルトランスフォーメーション(DX)は、バズワード化し、さまざまな局面で使われていますが、一方で、その70%は失敗に終わっているとも言われています。

『なぜ、DXは失敗するのか? 「破壊的な変革」を成功に導く5段階モデル』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)

昨年来のコロナ禍で、企業のオペレーションにおけるDXがますます重要視される中、私たちは何をするべきなのでしょうか?

DXに関する個々の取り組みに対して、成功・失敗を判断し、そこから教訓を得る必要はありますが、より高い視点から企業そのもののあり方を俯瞰することも重要です。ここでは、DXをてこにして企業が継続的に飛躍していくための4つのポイント、「戦略の充足性」「反復実行」「チェンジマネジメント」「知識のアップデート」について述べます。

「戦略の充足性」のための「70-20-10」モデル

1つ目のポイント「戦略の充足性」とは、ビジネスモデルやオペレーションを革新していくために、DX案件(プロジェクト)に対して適切なポートフォリオを組み、戦略的な欠落を防ぐことを意味します。ポートフォリオを、仮に一部は失敗したとしても、残りは成功させ、全体としてのリスクは抑制させるように組むという考え方です。

DXの実現により輝かしい未来を想像することは、否定するものではありませんが、ファイナンスの世界と同様、リターンが得られるものには、必ずリスクが伴います。社運をかけたアイデアが一握りあったとしても統制のとれた十分なポートフォリオがなければ、オペレーションの停滞を招き、ビジネスそのものが危機状態に陥ってしまうケースもあります。

しかし、グーグルでも提唱されている「70-20-10」のリソース配分のルール、つまり、人的リソースや業務活動のうち、70%を中核となる活動に充て、20%をそれに隣接する活動に配分し、10%は既存の活動とは非連続な新規事業/機能に割り当てる、という考え方が有効であると考えると、このようなアプローチにより、リスクをコントロールしながらも、DXから最適な効果を得られるような状態を保つことができます。

次ページ「反復実行」のための「10-5-4-1」戦略
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT