売れ筋アイスに「誕生40年超」のベテランが多い訳

ブランドへの安心感と絶えざる進化で人気を蓄積

コンビニの店頭も、春夏向けと秋冬向けでは期間限定など商品構成が変わる(2020年5月と12月、筆者撮影)

2013年度「4330億円」→ 2020年度「5197億円」

アイスクリーム市場は、この7年で1.2倍に伸びて5000億円規模となった(日本アイスクリーム協会調べ。金額はメーカー出荷ベース)。

全国の小売店で気軽に買える家庭用アイスを中心とした数字だが、市場の好調さを支えるのは「一度は食べたことがある」人気ブランドだ。

人気の秘密には、次の理由が考えられる。

・手頃な価格と、どこでも買える利便性
・メーカー各社の創意工夫
・ブランドへの安心感とノスタルジー消費

前編「アイス好きな人にたまらない『最新売れ筋TOP13』」(7月30日配信)に続いて、主なブランドの横顔を紹介しながら考えたい。

13ブランドの過半数が「発売40年超」 

上位ブランドは、昭和・平成・令和と続くロングセラーが多い。業界の専門メディア「アイスクリームプレス」の最新売り上げランキングに、発売年を加えてみた。

13ブランドのうち、7ブランドが発売40年を超える。人間でいえば働き盛り。最年少は16年、最年長は58年とベテラン中心なことがわかる。

次ページ在宅勤務や外出自粛の気晴らし購入も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT