「未婚と既婚」に立ちはだかる「3.68人の壁」の正体

結局、何人と付き合えば結婚までできるのか?

これによると、確かに年収が高くなるにつれて恋愛経験人数も増えていることがわかります。年収と恋愛人数とは正の相関があり、恋愛もまた年収次第というようにも見えます。

しかし、既婚男性を見ると、年収200万円台で恋愛人数4人を突破し、以後年収800万円台くらいまでほぼ変化がありません。年収900万円がもっとも恋愛人数が多く、「やっぱり年収が高いほうがモテるではないか」と思われるかもしれませんが、20代で年収900万円を超えるのは、全国的には0.4%しかいません。希少層なので、ここは考慮に入れないほうがよいでしょう。

要するに、20代のうちに結婚する男性というのは、自身の年収の多寡に関係なく恋愛経験を積んでいるということになります。言い換えると、恋愛できるかできないかは、男性の年収とは関係ないということです。

既婚男性と比べると未婚男性は恋愛人数が低くなります。このグラフでは、恋愛経験あり(=1人以上付き合った相手がいる)の未婚男性と、なし(今まで一度も恋愛したことがない)を含む未婚男性とで分類していますが、前者だけを見ると、既婚男性ほどではないですが、それでも年収200万円台から恋愛人数が3.6人となり、600万円台まで横ばいです。

つまり、未婚男性の恋愛人数の平均値を下げているのはこの「今まで一度も付き合った経験のない男性たち」となります。

付き合った経験のない人の割合は?

そうはいうものの、20~30代で「今まで一度も付き合った経験のない」割合なんてそう多くはないだろうと思うかもしれません。実は、20代で27%、30代でも24%の男性が該当します。40~50代でも約20%がそうで、年代があがってもそれほど減少していません。

未婚化を若者の草食化のせいにする言説がメディアを騒がせますが、20代と50代でそれほど差があるわけではないのです(参照:『20代男性より中年世代の「草食化」が深刻な訳』)。2015年の国勢調査における生涯未婚率(45~54歳の未婚率の平均)は男性23.4%です。

つまり、生涯未婚のうち9割近くの男性は、未婚どころか未恋愛者である可能性が高いということです。2015年での50歳とは、1985年に20歳を迎えた世代で、「新人類世代」と呼ばれます。この世代でさえ、生涯未婚のうちの9割が結婚どころか誰とも付き合ったことがないという事実のほうが衝撃ではないでしょうか。

次ページ結婚するまでの恋愛人数は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT