「妻の高学歴を自慢に思える夫」の幸せを呼ぶ思考

「補いあえる夫婦」関係はこうして生まれる

心配性かつ「キツい性格」だと自認している春香さん。だからこそ、おっとりしていて真面目な大輔さんとの相性がいいようだ。

「私は怒りのエネルギーを抑えられないことがあると両親から言われています。職場でも『それは違うやろ!』とか大きな声で言ってしまったり……。夫は医療系の施設勤務で、私よりはるかに大変なことがあるはずなのに、仕事でも生活でも腹が立つことはないそうです」

夫婦は「ニコイチ」で

大輔さんも結婚直前に転職をしている。前職は過酷な労働条件の工場だった。時間に追われながら黙々と作業をしなければならない。今は、助けが必要な患者に優しく忍耐強く向き合うことが求められる。天職だ、と感じているらしい。

結婚の条件からは外していたが、春香さんには少し気になる点があった。学歴だ。自分は努力をして関西地方の有名私立大学に入った。しかし、交際相手にそれが知られると卑屈な態度を取られることがあったからだ。

「私が勉強して入学したんだから放っておいてほしい、うるせーよ、と思っていました。でも、専門学校卒の夫は私の学歴が自慢のようです。誇らしい奥さんだと思ってくれているみたい。こんな男性がいるんだと新鮮に感じています。とにかく夫は毎日が楽しそうです」

大輔さんは「天職」に巡り合い、やりがいを持って働いている。ならば春香さんの学歴をやっかむ必要などはなく、むしろ自分にはないものを持ってくれていると嬉しくなるのだろう。言いたいことははっきりと言える春香さんの性格も大輔さんは心強く思っているに違いない。

自分ができることで社会に貢献しつつ配偶者を支えられている自信があれば、相手の優れたところは自分を補ってくれるありがたい長所だと思える。コンプレックスを感じる必要はない。夫婦は「ニコイチ」でいいのだ。

本連載に登場してくださる、ご夫婦のうちどちらかが35歳以上で結婚した「晩婚さん」を募集しております。事実婚や同性婚の方も歓迎いたします。お申込みはこちらのフォームよりお願いします。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT