アベノミクスで財政再建は進んでいるのか

国の試算から見える、2020年度財政目標の進捗状況

財政再建へもシュート!?安倍政権は、美しいゴールを決められるか(ブラジルで、ロイター/アフロ)

7月25日に、経済財政諮問会議が開催され、内閣府が「中長期の経済財政に関する試算」(以下、「中長期試算」)の改訂版を公表した。

「中長期試算」とは、年2回発表の「日本経済シナリオ」

「中長期試算」は、経済財政諮問会議の審議のための参考として、経済・財政・社会保障を一体的にモデル化した計量モデルを基礎にして内閣府が作成したものである。要するに、政権が講じた経済財政政策の結果、今後10年間にわたって日本経済の成長率や金利や物価や財政収支などがどうなるかを、予測的に試算するものといえる。

「中長期試算」は、毎年1月と、7月か8月に公表される。1月は内閣が来年度予算案を国会に提出した直後であり、7月か8月は来年度予算編成の端緒となる各省の概算要求を受け付ける前に予算編成方針を示すのに合わせて出す。毎年の恒例行事ともいえる。

今回7月の「中長期試算」の1つのポイントは、安倍内閣が閣議決定した2020年度の財政健全化目標の達成状況が、直近の経済情勢や政策の結果を受けてどう変わったか、である。安倍内閣は、2020年度までに国と地方を合わせた基礎的財政収支を黒字化する目標を掲げている。

次ページアベノミクスの影響で、試算はどう変わったのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。