いよいよ宇宙の「アマゾン化」が始まった意味

宇宙ビジネスの門戸は起業家に開かれている

初の「宇宙旅行」に成功したアマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏(写真:Andrew Harrer/Bloomberg)

アポロ月面着陸52周年は、宇宙旅行にとっては小さな一歩でも、宇宙を目指す大富豪にとっては大きな飛躍となった。

ジェフ・ベゾスとリチャード・ブランソンは7月、宇宙空間との境界付近まで飛行し、その安全性と楽しさを鮮やかに証明してみせた。たとえ10分間でも問題だらけの地球から逃れることができれば、いい気晴らしになる。10分間というのは、ベゾスのブルーオリジンとブランソンのヴァージン・ギャラクティックが手がけている弾道飛行の所要時間だ。

だが、この壮観なイベントには、宇宙の「アマゾン化」が本格的に始まったという、もっと深いメッセージが込められていた。かつて宇宙は大国の独壇場だったが、今では巨大テック企業が触手を広げるようになっている。インターネットをビジネスにしている人々が、今度は月や星を消費者に売るようになるのだ。

「宇宙旅行」の売り上げはすでに1億ドル

アマゾンの創業者で、現在も同社の筆頭株主であるベゾスは7月20日、弾道飛行を終えた後の記者会見で、ブルーオリジンの営業が始まったことを明らかにした。弾道飛行の搭乗チケットは一般に販売されていないにもかかわらず、売り上げはすでに1億ドル(約110億円)に近づいているという。ベゾスはチケットの単価にはコメントせず、こう言った。「需要はすごく、すごく強い」。

需要は、世界中のメディアがテキサス州ヴァンホーンに集まりベゾスの飛行を大々的に持ち上げる以前から、すでに存在していた。その約1週間にはブランソンが、ニューメキシコでベゾスが計画していたのと同様の飛行を成功させていた。ベゾスのイベントは周到に練り上げられ、「宇宙飛行」の世界最高齢・最年少記録を更新する同乗者が選ばれた。さらに慈善活動に2億ドルの寄付を行うことも披露された。

競合するスペースXのCEOで、ベゾスの宇宙計画に懐疑的な態度を見せることもあるイーロン・マスクでさえ、祝福の言葉を贈らざるをえなくなった。「弾道飛行一番乗り」を自慢できる立場にあるブランソンも、マスク同様にベゾスの飛行成功を祝福した。マスクは、ブランソンの「宇宙船」打ち上げに立ち会っている。

次ページ宇宙ビジネスとインターネットの共通点
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT