やっぱり、アベノミクスは蜃気楼?

小泉進次郎政務官と会ってきました

クイーンSは、3歳馬のマーブルカテドラルから

札幌クイーンSを追いかけてみますか。

例年、このレースはGIヴィクトリアマイルに出た馬がほぼ連対するので、その評価がカギとなります。実際、今回人気になりそうなのは、スマートレイアー(8着)、キャトルフィーユ(5着)、ケイアイエレガント(6着)などでしょうか。このあたりの順位は簡単に入れ替わりますから、真剣勝負になれば実力は横一線と見ていいでしょう。

別組から行くと巴賞を勝ったアロマティコ。勝利後すぐ放牧に出し、どうやらこのレースを当初から狙っていた様子。

さらには強い3歳馬、マーブルカテドラル。昨年の新潟2歳Sで5着ながら、あのイスラボニータとタイム差なし、というのはかなりレベルが高い馬だ、と言えるかもしれません。

別路線・・・・というか実におもしろい馬名の馬が登場します。その名もオツウ。聞けばオーナーはジャスタウェイのオーナーでもある大和屋氏。重賞初挑戦になりますが、このオーナー、かなりの勝負師なので、勝算があっての参戦と見ています。

個人的にはこのところ暑いし、元気な3歳馬から入ってみたいと言う気はしますが、さて如何なりますか??

本欄連載陣である山崎元さん、吉崎達彦さん、ぐっちーさんの鼎談「ヤバい日本経済」が、待望の発売!
今一番「ヤバい」3人が、脱デフレ後の日本経済と世界の行方を大胆に読み解きます。果たして日本株は一段のバブルに向かうのか、それとも暴落の憂き目にあうのか?
 2014年夏以降の株式相場を占ううえでも、ぜひ手にとっていただきたい1冊です。
 
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT