Netflix「大坂なおみ」を今見ないと損するワケ

20歳からの2年間に密着したドキュメンタリー

ドキュメンタリー『大坂なおみ』はある意味、受け止め方を視聴者に委ねています。感動ポイントや山場が示されるわけでもなく、アート系映画のようなわかりにくさがありますが、それは監督のスタイルとも言えるもの。

2020年の全米オープンで黒いマスク姿で登場し、コートに社会意識を持ち込んだ大坂なおみの心境が明かされる(写真:Netflix)

監督、製作総指揮を務めたのはアフリカ系アメリカ人女性のギャレット・ブラッドリー。第93回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞にノミネートした『タイム(原題:TIME)』を製作・監督した実績を持つ人物です。

『タイム』では6人の子の母親フォックスさんの目線から、アメリカの差別的な刑事司法を訴えかけていき、やはりこの作品も客観的な説明はいっさい入りません。ちなみにAmazon Prime Videoで独占配信されていますから、日本でも視聴可能です。闘う女性の生き様を追うことに長けた監督であることがわかると思います。

監督は大坂なおみのことを「知らなかった」

ただし、その伝え方は淡々と。『大坂なおみ』の製作を振り返り、Netflixの公式インタビューに答えたブラッドリー監督の言葉からもそれが伝わってきます。

「私にとって重要だったのは、可能な限りオープンな姿勢でこのプロジェクトに挑むことでした。彼女がどんな人なのかはもちろん、このシリーズがどんなものになるのかについても、具体的なイメージを持たないようにしようと考えていました」

撮影に入る前までブラッドリー監督は大坂なおみのことを「知らなかった」とも明かしています。そのうえで「彼女の人生に立ち会うことを最大の目的」とし、透明性を持った次世代のスポーツ選手のあるべき姿を反映させているのです。

東京五輪を巡って彼女の動向が注目された今のタイミングに見届けるのもよし。じっくり自身の人生を見つめ直したいときにみるのもオススメです。

「作品を見た方たちに共感の持つ力を感じてもらって、人生の中でチャンスをつかむための後押しができたらいいと思っています。とくに今、何かに挑戦することがとても難しく感じられる、この時代に」

と、語るブラッドリー監督の狙いどおりの作品です。スポーツドキュメンタリーという枠を超えて、人間の本質と生き方を捉えたものが今の世の中に求められていることを証明しています。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT