前回東京五輪当時と現在の日本経済を比べると GDP18倍、世帯収入10倍となるも高齢比率は5倍に

印刷
A
A

3日後に東京五輪の開会式が迫る日本経済は、高度成長期だった前回の1964年大会と比べ大きく変わった。名目国内総生産(GDP)は18倍の538.6兆円となり家計も豊かになる一方、高齢化や少子化が急速に進んでいる。

総務省統計局の発表によると、日経平均株価は1216.55円(12月末終値)から2万7444.17円(同)に上昇した。月額5万8217円だった2人以上の勤労者がいる世帯の収入は、57万9127円と10倍になった。

物価水準は4.45倍となり、中華そば1杯は10倍、映画観覧料は8倍になった。64年の五輪はカラーテレビ普及の大きなきっかけとなったが、大会当時は白黒テレビ(ブラウン管、16型)が5万5500円と高価なものだった。20年の液晶カラーテレビ(32V型)の価格は4万6504円で格段に手に入れやすくなった。

9718万人だった人口は1億2623万人に膨らんだものの、出生率は2.05から1.36に落ち込んでいる。平均寿命は男女ともに10歳以上伸び、65歳以上の高齢者の割合は6.2%から28.8%に増加。日本は先例のない超高齢化社会へと向かっている。

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:延広絵美

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT