発達障害でも「仕事ができる人・できない人」の差

成功のコツは「デキる人を丸パクリ」すること

「発達障害でも仕事ができる人」は何をしているのか? (写真はイメージです。Satoshi-K/iStock)
「やることが多いとパニックに陥る」「つい頑張りすぎて疲弊してしまう」「わからないことがあっても聞けずにあとで怒られる」……そんな“要領の悪さ”を、自分の力でどうにか解決しようと思っていませんか?
要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑』共著者のF太(えふた)さんと小鳥遊(たかなし)さん、『発達障害サバイバルガイド』著者の借金玉さんによると、要領よく生きるコツは、他人の力を借りること! 発達障害や要領の悪さに悩んできた3人が実践している処世術を語ってもらいました。

借金玉:自己啓発系の本やネットにはたいてい「あれをしろ」「これをしろ」と書いてありますが、僕のように発達障害をもつ人にとっては「何を生活から減らせるか」が重要だと感じます。やることが山積みなのに、「PCのモニターを買い替えなきゃ」「窓も拭かなきゃ」といろんなことが気になり始める。それをどう無視するか。

小鳥遊:無視するスキルですね。私は「現実」のほかに「仮想現実」を作ります。やらなきゃいけないことを本質的になくすのは無理だけど、いまやるタスクを決めたら、仮想現実の中ではシングルタスクだけに没頭する。

借金玉:「シングルタスク」=「タスクに優先順位をつけること」と考えたとき、僕はけっこう人を見て優先順位を決めていますね。編集さんが「そろそろ原稿を……」と怒り始めたときとか(笑)。

小鳥遊:知り合いの社長は、メールはとりあえず放置して、怒られた順に片づけると言っていました(笑)。相手の怒りは「そろそろやらないとやばいですよ」と教えてくれているとも捉えられる気がします。

「仕事はパスまわしで進めるもの」

F太:小鳥遊さんは逆にメールの返信がすごく早いですよね。「自分の手元に仕事をためない」「できるだけすぐに打ち返す」ことを徹底していると言っていましたが、そのスキルはどうやって身につけたんですか?

小鳥遊:私は会社員なので、「仕事はパスまわしで進めるもの」という環境にそもそも身を置いていることが大きいと思います。自分にパスが来たら必ず誰かに仕事のボールを渡すのが仕事。自分のタスクは全部手順を書き出すようにしているのですが、一旦ボールを手放したら、あとで返ってくるとしても手放したことを書いて可視化する。そうすると気が楽になります。たくさん仕事を抱えているように思えるときも、手放していないボール(仕事)のことだけを考えればいいわけですから。

次ページ発達障害でも活躍できる人、できない人の差
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT