「スマホ問題で逆上する中1」に必要な1つのこと

子どもに「共感」することで親の行動が変わる

子どもがなかなか勉強を優先してくれない……どう話し合ったらいい?(写真:プラナ/PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

高1と中1の2人の娘を持つ母親です。中1の娘のことで相談です。まだ小学生気分なのか宿題よりスマホです。友達とLINEしたりネットしたり、ずっとスマホです。ルールを決めたのに守ってくれません。あまりにもひどいので、宿題やったらスマホを渡すと言うと、「なんで!?」と逆ギレされます。「それはおかしいでしょ! 誰がお金払ってるの!」と言い返しますが、さらにキレます。ずっとギクシャクな関係が続いています。どうしたら、勉強優先になってくれるでしょうか?
(仮名:大沢さん)

勉強優先にするにはある程度の時間が必要?

全国の多くの親御さんが、この相談に「うちの話?」と思ったのではないでしょうか。

この連載の記事一覧はこちら

筆者には年間1000件以上の相談メールが送られてきますが、その多くは、スマホ、ゲームに絡む勉強問題です。確かにこの問題は“親にとっては”、厄介な問題でしょう。しかし、親にとっての問題は“子どもにとっての問題ではない”ところにややこしさがあります。

残念ながら、「短期間で勉強優先にすることは極めて難しい」と言わざるをえません。

この種の問題は、まずはこの現実を押さえておくほうがいいと思います。なぜなら、勉強優先に子どもを変える可能性があると思っていると、焦ってあれこれ手段を講じてしまい、ますます事態が悪化しかねないからです。

まずはスッパリ、勉強優先にさせようとすることを諦めましょう。

しかし、そうは言うものの、現状のままでは、親子関係がさらに悪化する可能性もあります。何かしら対応したほうがよいことは確かですね。

子どものスマホ・ゲームについて課題を感じる場合、筆者はまずは以下の3つをやってみることをおすすめしています。順に説明します。

次ページ基本の3つのアプローチ
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT