大谷翔平選手がアメリカ社会を癒やす「必然」

「二刀流」だけでなく最高の笑顔がもたらすもの

競馬である。つくづく夏競馬は難しいのである。7月の最初の週末は福島競馬で大苦戦を強いられた。しかるにメインレースの七夕賞(G3)を、持ち回り連載執筆者の一人である山崎元氏がトーラスジェミニ(◎印=本命馬)→ロザムール(△印=4番手格で、勝てないまでも2・3着には来る可能性のある馬)でしっかり的中させている。

荒れそうな函館記念は、むしろ馬券の点数を絞って勝負

この週末は函館競馬で筆者も面目を施したいところだが、メインの函館記念(7月18日の第11レース、距離2000メートル、G3)がこれまた荒れるレースとして有名である。何しろ過去10年の1番人気が【1009】(1着になったことはわずか1回、残りの9回は4着以下)というくらいだ。

フェブラリーステークスの勝ち馬、カフェファラオが芝レースに参戦、ということで人気を集めている。こういう挑戦は面白いけど、馬券的には初戦は様子見であろう。

本命には、5歳馬になってから急成長を遂げているマイネルウィルトスを指名しよう。対抗にはバイオスパーク、穴にはトーセンスーリアを挙げておこう。

あと1頭、有力馬のウインイクシードが除外になったので、鞍上の横山武史騎手がジェットモーションの騎乗に横滑りとなった。こういうときって、意外と来るんだよな。大穴期待。

荒れそうなレースはつい買い目を広げたくなるけれども、むしろ点数を絞って勝負すべきである。夏競馬はそうであらねば、などとみずからに言い聞かせているところである。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT