テントウムシをゾンビ化し操る「恐怖の虫」の正体

体内を食い荒らし、脳をウイルスでのっとる

(画像提供:KADOKAWA)
生き物たちがきびしい自然界を生き抜くための知恵や能力は驚くべきものがあります。別の生き物をダマしたり、操ったり、幼虫を寄生させたり……。奇妙な生物ブームを巻き起こした『へんないきもの』シリーズの著者である早川いくを氏の児童書新刊『天才すぎる生き物図鑑』から一部抜粋・再構成し、今回はテントウムシの体に卵を産んで育てさせる「テントウハラボソコマユバチ」について解説します。(イラスト:和田ラヂヲ、花小金井正幸)
前回:「小顔だと死へ直結」サンショウウオの超怖い生態
この記事の画像を見る(11枚)

体を刺されてからおかしくなったテントウムシ

(画像提供:KADOKAWA)
次ページ幼虫はテントウムシの体液を吸って成長する
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT