テントウムシをゾンビ化し操る「恐怖の虫」の正体

体内を食い荒らし、脳をウイルスでのっとる

テントウハラボソコマユバチは、テントウムシに卵を産みつける。それと同時に、相手をおとなしくさせる化学物質を注入することが以前からわかっていた。しかし、そのほかにも何かがテントウムシの脳に「全力でマユを守れ!」という命令をあたえているはずだ。そしてゾンビ兵士のように行動させている。

テントウハラボソコマユバチ(画像提供:KADOKAWA)

テントウムシを操っているものとは、いったい何だろう?

昆虫学者を長く悩ませてきたその謎の答えは、最近になってわかった。テントウハラボソコマユバチは獲物のテントウムシに、化学物質と共に、ある種のウイルスを注入するのだ。

このウイルスこそが、テントウムシの脳を乗っ取り、ゾンビ化させる、いわば「生物兵器」だと考えられている。テントウムシを獲物にしたうえに、ウイルスであやつり、無防備なサナギを守らせるのだ。まったく天才すぎる方法だ。

2億年以上の時間をかけて進化した

テントウハラボソコマユバチが、なぜそんなことをするかというと、子どもを確実に育てるためだ。

『天才すぎる生き物図鑑』(KADOKAWA)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

草の汁をすするより、ほかの生き物をエサにしたほうがいい。栄養をたくさん子どもにあたえられる。それに気づいた寄生バチの祖先は、いつしか「獲物を狩る」という技を持つようになった。

それだけでも天才的なのに、さらにその獲物をあやつれるところまで、2億年以上の時間をかけて、進化した。このはてしなく長い時間の前には、もはやワルも何もない。テントウハラボソコマユバチはとても小さいが、その狩りの技は大きな大きな奇跡なのだ。

テントウハラボソコマユバチに寄生されたテントウムシは、だいたい死んでしまう。だが、中には復活するものもいる。これまた奇跡に思えるが、その中には、ごていねいにも、再びテントウハラボソコマユバチに寄生されてしまうものもいるという。「テントウムシは幸運のシンボル」などと、いったい誰が言ったのだろう?

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT