老いのかたち 黒井千次著

老いのかたち 黒井千次著

近頃は人が歳を取れなくなったといわれる。今の60歳にはかつての60歳の重みはなく、現在の70歳には昔の70歳の威厳は見られない。それは元気な高齢者が多くなったからか、老熟した年寄りが少なくなったからか。

以前の年齢が備えていた老熟の風格は、とうに失われてしまっていると著者は見る。ここ半世紀の日本人の生き方が、なし崩しに昔の老人像を蝕み、その過程には家族のあり方や相続の問題、女権の拡張や医療技術の発達など、さまざまな要因が絡まりあっているという。

昭和一ケタ生まれの作家が、自らの日常を通して現代日本の老いと世相を探る。冷静な観察眼と深い内省が印象深いエッセー56編を収録。

中公新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。