老いのかたち 黒井千次著

老いのかたち 黒井千次著

近頃は人が歳を取れなくなったといわれる。今の60歳にはかつての60歳の重みはなく、現在の70歳には昔の70歳の威厳は見られない。それは元気な高齢者が多くなったからか、老熟した年寄りが少なくなったからか。

以前の年齢が備えていた老熟の風格は、とうに失われてしまっていると著者は見る。ここ半世紀の日本人の生き方が、なし崩しに昔の老人像を蝕み、その過程には家族のあり方や相続の問題、女権の拡張や医療技術の発達など、さまざまな要因が絡まりあっているという。

昭和一ケタ生まれの作家が、自らの日常を通して現代日本の老いと世相を探る。冷静な観察眼と深い内省が印象深いエッセー56編を収録。

中公新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。