自分が制御できない事を不安に思ってもムダな訳

ビル・ゲイツの的外れな予言が教える未来の見方

どうしようもない「不安」に襲われたときの処方箋とは?(写真:Kazpon/PIXTA)
「新型コロナウイルスの出現によって急激に変わる世の中において、未来を想像して不安がることは意味がない」と語るのは「プレゼンの神」と呼ばれる元マイクロソフト業務執行役員の澤円さん。その理由とは? そして不安に襲われたときにはどうしたらよいのか? 最新刊『「やめる」という選択』から一部抜粋、再構成して紹介します。

コロナとともにやってきた「一億総不安社会」

一向に収まることのない新型コロナウイルス感染症は、僕たちの「当たり前」を大きく変えてしまいました。以前には考えられなかったさまざまな、そして劇的な変化には、戸惑いとともに不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

ここでは、多くの人が抱えがちな「不安」について、お話しします。

僕は、不安という感情に振りまわされないためには、自分が「コントロールできて、かつ重要な部分」に集中することがなにより大切だと考えています。コントロールできないことに振りまわされてしまうから不安が生まれ、埋没コストとして自分を苦しめてしまうのです。

冒頭にも書きましたが、とくに新型コロナウイルス感染症が拡大したのち、自分の将来や仕事について心配したり不安になったり、あるいはいわゆる景気の動向を気にしたりする人が増えているのも事実です。

ただ僕は、景気を気にすることと自分の人生を気にすることはまったく別物だと考えています。景気はいわば天気のようなもので、強い雨が降っているからといって自分の人生が終わってしまうかというと、そんなことはありません。

要するに、天気は天気として存在しているように、景気も景気として存在しているだけととらえているのです。

僕はチームマネジメントに関して、とくに強調したいのが「コントロールできることに集中しよう」ということです。これはアンガーマネジメント(怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング)の概念でもあり、「コントロール可能で重要なこと」にリソースを集中させるのがマネジメントの本分なのです。

コントロールできないことにリソースを割くのはコストであり、はっきりいえば「無駄」です。その部分に集中することでなにか貴重なものを得られるならいいですが、実際は、それこそ景気を気にしたところで、それをコントロールすることはできません。

人生は景気の影響を受けないという意味ではなく、「その影響を気に病むのはバカらしい」ということです。

繰り返しになりますが、大切なのは自分がコントロールできて、かつ重要な部分に集中すること。もしかしたら、そのコントロールできる部分が景気の影響を受けると考えるのかもしれませんが、そんな状況においても、自分の振る舞いを変えることでコントロールできることはないか? 自分のクオリティー・オブ・ライフを上げるためになにができるか? そんな思考と選択が重要です。

次ページ40年前にビル・ゲイツが見ていた「未来」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT