「やる気のない部下」を野放しにする上司の悪習慣 お金などの「ご褒美」で釣ろうとしても逆効果

印刷
A
A

これを踏まえ、成果が出たら、結果だけを褒めるのではなく、行動したことを褒めてあげてください。

「結果は先生」という言葉がありますが、成果が出たということは、その行動が正しかったということを教えてくれたわけです。

「成果」と「行動」を合意することができ、成果が出たときに行動を褒めていけば、部下は自分の仕事に自信を持ち、やる気が湧いてくるようになります。

そして、成果に導いてくれたあなたに信頼を寄せるようになります。

そうすれば、さらに部下のやる気は高まって行きます。

「行動」と「成果」に注目し部下のやる気を引き出す

実にシンプルなことなのですが、多くの場合、「行動」と「成果」に注目できていないのです。

新任マネージャーにとって、やる気がないように見える部下は、脅威ですらあると思います。

しかし、「やる気」という目に見えない「Be」に目を向けるのではなく、「Do」と「Have」を合意することで、余計なことに悩まず、仕事に邁進することができます。

やる気のない部下のやる気を上げようとしてはいけません。

行動と成果への合意、成果が出たら褒める。

この繰り返しで、部下の本当のやる気を引き出しましょう。

アルファポリスビジネスの関連記事
「部下が辞めない新任上司」になる、たった1つの大切なこと
新任上司必見!! 「部下が勝手に育つ3つの仕組み」
上司一年目、たった3つの教育で部下がみるみる育つ理由

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT