ワクチン接種進んでも感染拡大「英国」の悩ましさ

「悪夢の再来」は怖いが、制限は緩和する方向

どの国がどのグループに入るかは、イギリス及び訪問国の感染状況によって変わる。先月、政府は観光地として人気が高いポルトガルを「グリーン」から「アンバー」に突如変更。多くの人が大慌てて旅行計画を変えざるを得なくなった。

筆者の隣人シベルさんはトルコ出身だ。夫とともにワクチン1回目を接種。2回目は8月上旬接種の予定だ。8月末には「兄が結婚するので、トルコに戻って結婚式に出たい」。トルコは現在、帰国後に自主隔離が必要なアンバーの国だ。事実上の訪問禁止国=レッド=になるのか、あるいは隔離が不要のグリーンになるかは今のところわからない。「先が読めないから、一切、準備していない」という。

変異株の影響は?

デルタ株が主因となっている今回の感染拡大は、これまでのピークと比較すれば、感染者数、新規入院者数、死者数のいずれもはるかに少ない。ワクチンもかなり普及している。しかし、昨年夏、ロックダウン効果で感染データが劇的に改善し、政府の外食奨励策を率先して利用した国民を待ち受けていたのは、秋から冬にかけての感染急拡大だった。

デルタ株がこれまでの変異株よりも感染率が高いことはわかっているものの、重症率が高いのか低いのかを含め、さまざまな点がまだ明確になっていない。また、インドではすでにさらに新たな変異株「デルタプラス」が広がっている。

新たな規制の完全解除の日、「フリーダム・デー」は、イングランド地方では今月19日だ。それ以降、集合人数の規制やマスク着用義務は解除されるが、イギリス医師会は「デルタ株による急速な感染者数の増加や人と人との交流が増えている」ため、継続したマスク着用を呼びかけている。

大型スポーツが開催されるようになり、店舗も開いている。しかし、「先がどうなるかわからない」のがイギリスに住む人の共通の思いだ。昨年来、学んだ教訓は、「コロナは侮れない」だった。ワクチン接種が進んでいても、安心できないのが今のイギリスだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT