携帯契約者数、「月次発表中止」の波紋

<動画>ますます販売競争が激化する可能性

月次の契約数を発表をしなければ、競争は緩和されるって本当?

従来、携帯電話の契約数は月次ベースで、翌月には発表されていた。ところが、総務省が管轄する電気通信事業者協会(TCA)は2014年4月以降は月次ではなく四半期ごとに発表する方式へと変更することを決めた。

「成熟期に入ったことで、毎月の契約数公表の意義が薄れた」という理由のほか、「月次で公表を行っていることが過当競争を招いている」との理由だ。

実際、2014年3月は、他社からの乗り換えでアップル「iPhone5s」を販売する際などに、過大なキャッシュバックキャンペーンが行われた。総務省は、この状態を問題視したようだ。

四半期にすれば、より激しい競争に?

が、本当に発表方法を変えることで、何かが変わるのだろうか。夏野氏は、むしろ3カ月ごとの発表になったら、より競争は激化すると読む。最初の2カ月で負けてしまった会社が、後れを取り戻すために最後の1カ月(3月、6月、9月、12月)で激しい販促を行う、というわけだ。

そして、そもそも「発表方法の変更」で市場をコントロールしようとする手法の問題点を指摘する。 

この企画は週刊『夏野総研』とのコラボレーションにより運営しています。
 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GAFA全解剖<br>あらゆる産業をのみ込む4巨人

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字をとったGAFA(ガーファ)。もはやこの4社の名前を聞かない日はない。あらゆる産業や社会生活に影響を及ぼすデータ独占4巨人。その実力と戦略を解明する。