携帯契約者数、「月次発表中止」の波紋

<動画>ますます販売競争が激化する可能性

月次の契約数を発表をしなければ、競争は緩和されるって本当?

従来、携帯電話の契約数は月次ベースで、翌月には発表されていた。ところが、総務省が管轄する電気通信事業者協会(TCA)は2014年4月以降は月次ではなく四半期ごとに発表する方式へと変更することを決めた。

「成熟期に入ったことで、毎月の契約数公表の意義が薄れた」という理由のほか、「月次で公表を行っていることが過当競争を招いている」との理由だ。

実際、2014年3月は、他社からの乗り換えでアップル「iPhone5s」を販売する際などに、過大なキャッシュバックキャンペーンが行われた。総務省は、この状態を問題視したようだ。

四半期にすれば、より激しい競争に?

が、本当に発表方法を変えることで、何かが変わるのだろうか。夏野氏は、むしろ3カ月ごとの発表になったら、より競争は激化すると読む。最初の2カ月で負けてしまった会社が、後れを取り戻すために最後の1カ月(3月、6月、9月、12月)で激しい販促を行う、というわけだ。

そして、そもそも「発表方法の変更」で市場をコントロールしようとする手法の問題点を指摘する。 

この企画は週刊『夏野総研』とのコラボレーションにより運営しています。
 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT