さよならオデッセイ!時代を作った花形の終焉

ジャンルを確立するも25年で役割りを果たす

2020年11月のマイナーチェンジで内外装が大きく変わったオデッセイ(写真:本田技研工業)
この記事の画像を見る(33枚)

ホンダの人気のミニバンである「オデッセイ」が、生産終了となることが明らかになった。昨年11月に大規模なマイナーチェンジを実施したにもかかわらず、である。

主な理由は、オデッセイを生産していた狭山工場がなくなることだ。正確には狭山と寄居の2つの工場を、寄居に集約させることにある。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

しかし、実質的には狭山工場の閉鎖であり、これにあわせて同工場で生産されていたオデッセイだけでなく「レジェンド」「クラリティ」も同様に生産終了となるようだ。とはいえ、同じ狭山工場で生産されていた「ステップワゴン」が継続されることを考えれば、オデッセイは、そのモデルライフを終えることになる。

ミニバンがない!ホンダの焦り

初代オデッセイが誕生したのは、1994年のこと。その誕生は、ホンダの焦りを感じさせるものであった。

そもそも1990年代以前のミニバンは、“ワンボックスカー”とも呼ばれており、商用バンの派生という印象が強かった。主流はトヨタの「ハイエース」や「タウンエース」、日産の「キャラバン」「バネット」などで、どれも商用バンを乗用車風に仕上げたものだったのだ。

しかし、1980年代には日産「プレーリー」や三菱自動車の「シャリオ」、マツダ「MPV」などが登場し、商用ではない“乗用ミニバン”というジャンルが生まれていた。そして1990年に、その流れを決定づける1台が誕生する。それがトヨタ「エスティマ」だ。

3ナンバーボディで登場し、ヒット作となった初代エスティマ(写真:トヨタ自動車)

流麗なデザインを持つエスティマは、“天才タマゴ”のキャッチフレーズとともに大ヒット。1992年には5ナンバーサイズに車体を小型化した弟分「エスティマ・ルシーダ」を加え、翌1993年には年間新車販売ランキングで8位となるヒットモデルとなった。

ミニバンが販売ランキング上位に顔を出すなど、当時としては常識外れのこと。そうした流れに合わせるかのように、日産は1991年に「セレナ」(発売当初はバネットセレナ)をリリースする。1990年代に入って、にわかにミニバンへ熱い視線が集まるようになったのだ。

ところが、この状況に困ったのがホンダだ。当時のホンダには、ミニバンを作ることのできる生産ラインがなかったのだ。

次ページ苦肉の策で生まれた“背の低いミニバン”
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT