「住宅資材のエコ化は待ったなし」--大建工業・澤木良次社長が激白、パナソニック電工との提携の狙い

「住宅資材のエコ化は待ったなし」--大建工業・澤木良次社長が激白、パナソニック電工との提携の狙い

住宅資材の大手メーカー大建工業(大阪市)は5月25日、パナソニック電工と業務提携を締結した。提携内容は、製品の相互供給や部材の共同購買など、多岐にわたる。

なかでも注目は、大建工業が強みとするエコ素材(木くずを再利用した環境配慮型の床材など)を供給することだ。大建工業は2013年5月までの3年間で、提携全体で合計100億円の増収効果を見込んでいるが、そのうち約60億円がエコ素材の供給による効果としている。

折りしも、住宅資材業界では消費者の環境配慮意識の高まりを背景に、ドアなどの材料でMDF(中質繊維板)などのエコ素材への転換が進んでいる。一方、床材では天然のラワン合板の使用が大半だ。豊富なエコ製品をそろえる大建工業は、今回の提携で、業界全体のエコ化促進という大きな絵を描いているようだ。

提携の狙いや経緯について、大建工業の澤木良次社長を直撃した。

--提携の内容は多岐にわたりますが、最大のポイントは?

当社とパナソニック電工さんが扱う床材のほぼすべてにエコ素材を使用しようとしており、これが最大の狙いですね。業界全体を変えていきたいと考えています。

当社の創業者の村西經三は、「限りある経営資源の有効活用」「未利用資源を活用した材料の提供」を提言し、これらにより「日本の戦後の復興に役に立ちたい」としました。当社の今日があるのは、創業者のこの“大義”があったからこそ。当社は1945年の創業当時から、廃材などの未利用材料を再利用する構想を持っており、現在は岡山県や高萩市(茨城県)、海外マレーシア工場などが廃材利用の専用工場です。

ただ、いまの市場を見てみると、床材に使われているのは天然のラワン合板が中心で、これは再生不可能な材料とされています。そのため、再生可能な材料のMDFなどを床材に転換していこうとしています。エコ素材を業界の100%スタンダードにしたいということです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT