ハーバード名誉教授が警鐘!「監視資本主義」の罠

私が人類のために本気で伝えたかったこと

監視資本主義という言葉の生みの親として知られるショシャナ・ズボフ教授が、著書で伝えたかったこととは……?(写真:AndreyPopov/iStock)
監視資本主義という言葉の生みの親として知られるショシャナ・ズボフ教授による『監視資本主義: 人類の未来を賭けた闘い』の邦訳がこのほど上梓された。700ページに迫る大著でありながら、オバマ元大統領が選ぶ2019年のベストブックに選出され、世界的な話題書となった本書で、ズボフ教授は私たちに何を伝えたかったのか。本書の狙いを、抜粋・編集してお届けする。

アウェア・ホームの実験

2000年に、ジョージア工科大学のコンピュータ科学者とエンジニアのグループが、「アウェア・ホーム (Aware Home) 」と呼ぶプロジェクトを行った。目指すのは、「ユビキタス・コンピューティング」を研究するための「生きた実験室」を作ることだ。

『監視資本主義: 人類の未来を賭けた闘い』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

この実験には3つの作業仮説があった。

第1に、この新たなデータシステムはまったく新しい知識の領域を生み出すだろう。

第2に、新たな知識とそれを使って生活を向上させる権利は、居住者に帰属する。

第3に、アウェア・ホームはデジタルのハイテク製品だが、古くからの慣例に従って、「家」を壁に囲まれた私的な聖域と見なす。

それから18年を経た2018年の時点で、世界の「スマートホーム」市場の価値は360億ドルと評価され、2023年までに1510億ドルに達すると予想されている。

●奪われたプライバシー

ところが一方で、「アウェア・ホーム」の作業仮説は風とともに去った。一体どこへ去ったのか。

アウェア・ホームは、他の多くの先進的なプロジェクトと同様に、より快適な生活を約束するデジタルの未来を想像させた。最も重要なことは、2000年に設計されたそのプロジェクトが当然のこととして、個人のプライバシー保護を前提にしていたことだ。

個人が自分の経験のデジタル化を選ぶのであれば、その人は、そうしたデータから得られた知識とその使い方に対して、独占的な権限を持ってしかるべきだ。

しかし現在、これらの個人情報や知識やアプリケーションに対する権限は、図々しいマーケットベンチャーに強奪された。それらの企業は、他者の経験とそこから得られる知識に対して、一方的な主張を繰り返している。

次ページデジタル世界に生きる人類の未来は?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT