マックを襲う"チキン・ショック"の衝撃度

カサノバ社長のメニュー戦略はどうなる?

画像を拡大
カサノバ社長は経営戦略説明会でファミリー客の取り込み策を披露した(今祥雄)

カサノバ社長は2月の経営戦略説明会で、ファミリー客を重視する方針を明確にした。

ナゲットは子供からの人気が高い「ハッピーセット」のコアメニューの1つ。ハッピーセットは年間1億個も販売するマクドナルドの看板商品で、4月にメニューを入れる容器を子供が好みそうなデザインに一新したばかりだ。

「例年、マクドナルドの稼ぎ時は家族連れが増える7~8月の夏休み期間。家族客がたくさん訪れるタイミングでの問題発覚で客足が遠のく懸念もある」(野村証券の繁村京一郎シニアアナリスト)

チキンメニュー全体へ風評拡大も

画像を拡大
チキンメニューの相次ぐ投入は女性客を意識した施策だった(撮影:大塚一仁)

影響が懸念されるもう1つのターゲットが女性客だ。これまでの期間限定メニューはビーフが中心だったが、1~3月の限定商品ではビーフとチキンの2種類を展開した。

昨年末の商品発表会で、カサノバ社長は「期間限定商品を拡充する際は、チキンなどを使用して女性など幅広いお客様の嗜好に応えていきたい」と強調していた。このとき使用した鶏肉は問題が発覚した工場で加工されたものではないが、チキンを使ったメニュー全般に風評が広がることも懸念される。

そもそも、マクドナルドの業績は苦戦が続いている。既存店売上高は2月以降、前年同月比で5カ月連続のマイナス。客数に至っては昨年5月以降、14カ月も前年割れが続く。

7月23日にはタイや中国の他工場から代替調達のメドが立ち、全店でナゲットの販売を再開したが、チキンメニューに対する不安が消費者に広がれば、メニュー戦略の修正も必要になる。今回の事態を受けて、カサノバ社長の苦悩は一段と長引くことになりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT