マック、2枚看板で"古きよき時代"よ再び

年明け早々、期間限定メニューを投入

新メニューをアピールするカサノバ社長(中央、撮影:大塚一仁)

「2013年はお客様に魅力的な商品を提供できなかった。2014年は既存店売上高を必ず前年比でプラスに持っていく」。12月25日のクリスマスを迎えた朝、日本マクドナルドのサラ・カサノバ社長は2014年の新商品ラインナップ発表会で、こう強調した。

2013年8月、原田泳幸氏から同社の社長兼CEOのバトンを受けたカサノバ氏。それから4カ月近くが経過し、どのようにカサノバ色を打ち出していくのか注目された発表会の場。最初にアピールしたのは期間限定メニューの強化だった。

まず手始めに、「アメリカンヴィンテージ」と銘打った期間限定メニューを1月7日から展開する。ハンバーガーの本場、米国をイメージした「ビッグアメリカ」シリーズ(2010~2012年)が好評だったこともあり、そのコンセプトを継承しながら、1950年代~1980年代の“古きよき時代のアメリカ”をテーマに、新たなキャンペーンとして打ち出すものだ。

ビーフとチキンの2枚看板

ビッグアメリカとの違いは、ビーフに加えて、チキンを使用したバーガーも提供する点。「期間限定商品を拡充する際は、チキンなどを使用して女性など幅広いお客様の嗜好に応えていきたい」(カサノバ社長)。

実際、11月にチキンフィレオで使用するチキンをモモ肉からムネ肉に変えたところ、女性客を中心に販売が堅調に推移しているという。期間限定メニューでも、同じチキンを使用する。

次ページ新メニュー投入の背景
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT