マック、2枚看板で"古きよき時代"よ再び

年明け早々、期間限定メニューを投入

カサノバ社長は客数減の流れを止められるか(撮影:大塚一仁)

こうした反省から、2014年は年明け早々から期間限定キャンペーンを打ち出し、スタートダッシュにつなげる構えだ。前年が大幅な落ち込みだったことを考えると、、カサノバ社長が掲げる「既存店売上高の前年比プラス」という目標も、ハードルはそれほど高くないと考えられる。

しかし、野村証券の繁村京一郎シニアアナリストは、問題はもっと根深いところにあると指摘する。

「既存店売上高にこだわるのではなく、客数をプラスにすること、そして、それを継続することが最も重要。年初からのキャンペーンで集客ができなければ、2014年も苦しい年になる」

2013年1月~11月までの間で客数が前年同月比でプラスになったのは3、4月の2カ月のみ。11月の客数は同14.4%減と大きく落ち込んだ。期間限定メニューで客単価を引き上げても、客数減のトレンドが変わらなければ、既存店売上高プラスを維持し続けることは難しい。

マクドナルドといえど、一度離れてしまった客を呼び戻すのは容易ではない。同社にとって勝負の1年が、まもなく始まろうとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT