すき家、「5月既存店8%増」のカラクリ

既存店の基準が4月から変わっていた!

牛丼大手3社の5月の既存店売上高が出そろった。ゼンショーホールディングス(HD)の「すき家」が2カ月ぶりのプラス、松屋フーズの「松屋」は昨年12月以来のプラスとなった。一方、吉野家ホールディングスの「吉野家」は2カ月連続のマイナスだった。

目立った伸びを見せたのが「すき家」だ。既存店客数、客単価とも前年を上回り、既存店売上高は前年同月比で8.1%増となった。「4月以降の牛丼の値下げが来店動機になっている。高単価のトッピング商品も好調に推移している」(ゼンショーHD・広報室)という。

過去にない規模の一時休業

営業時間変更のお知らせが入り口に貼られた店舗(4月下旬撮影)

だが、この数字にはカラクリがある。すき家では、新年度に入った今年4月から既存店にカウントする基準を変えているからだ。具体的には、一時休業や営業時間を短縮した店、リニューアル工事中の店舗は既存店に含めなくなった。そのため、8.1%増という数字を額面通り受け取るのは必ずしも正しくない。

基準を変えた背景にあるのが休業の増加だ。すき家では2月以降、人手不足などから、一時休業に追い込まれる店舗が出始めた。全国2000店のうち、4月12日には1日あたり最大となる123店が一時休業や時間帯休業(1日のうち1時間でも休業した店舗)した。また、店舗改装や実験的に深夜・早朝の営業を休止したことで、4月は合計400以上の店舗が一時休業・休止、営業時間を短縮している。ゼンショーHDの広報によれば「過去にこのような規模の一時休業をしたことはない」という。

もっとも、改装による営業休止や一時休業は過去にもある。これらも含めて既存店としていたものを、今年度から含めなくなったことについて、「人手不足などの影響による一時休業が相次いだことで、前年との比較に誤解を与えるおそれがある。既存店の比較では前年とのトレンドの変化を見てほしい」(ゼンショーHD・広報室)と言う。

次ページ既存店の基準を変えたワケ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT