組織力 宿す、紡ぐ、磨く、繋ぐ 高橋伸夫著

組織力 宿す、紡ぐ、磨く、繋ぐ 高橋伸夫著

「会社」ではなく、「組織」を念頭に組織力を説く。組織力を宿した若者たちは会社の寿命を乗り越えて、生き延びていくはずだからだという。

組織力は、人々を一つのまとまりに組織する能力(ウチの組織力)と、組織としてまとまることで発揮されるより大きな力(オモテの組織力)という二つの意味がある。中でも後者の、一人ひとりではできない仕事を組織でどうこなすか、あるいは、突破できないような難関をどうしたら組織によって切り抜けることができるようになるかに焦点を当てる。

「組織力を宿し、紡ぎ、磨き、繋ぐこと」で初めて、組織であり続けることができると、長年組織論を研究してきた著者は強調する。

ちくま新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。