野球を学問する 桑田真澄・平田竹男著

野球を学問する 桑田真澄・平田竹男著

PL学園からジャイアンツのエースとして活躍した桑田が、大リーグから戻って早稲田の大学院に入ったところまではニュースになった。本書は入学までの思いといきさつ、大学院での1年間、そしてその成果を、指導教官との対談によって明らかにしたものだ。

若い頃から疑問を抱いてきたという「長時間練習、いじめ、体罰」の実態と受け止められ方を、プロと大学の選手にアンケートして統計処理し、展開したのがユニークだが、高卒で大学院へ入ったうえに、最優秀論文の評価まで受けた。野球でもそうだったが、理にかなったすさまじい努力とセンスは出色といってよい。

飛田穂洲の「野球道」を批判的に発展させた「練習の質の重視」「心の調和」「尊重」の三角形理論は多くのスポーツに活かせるだろう。対談は温かみと味わいがあって読みやすい。修士論文(残念ながら収録されていない)を指導者たちが読めば球界の発展に資するのではないか。(純)

新潮社 1365円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。