なぜ日経平均はNYダウに比べ「出遅れて」いるのか

ワクチン相場に期待、今後は再度浮上も?

「ワクチン相場」が本格化する条件は整いつつある(撮影:東洋経済オンライン編集部)

今年の4月初旬以降、個人投資家の方々を中心に「ニューヨークダウ(以下、NYダウ)は上がり続けているのに、なぜ日経平均株価は上がらないのか?」という質問をいただくことが多くなった。5月の後半以降は日経平均も戻り歩調を強めているが、今回のコラムではこれをとりあげたい。

4月を起点に差がついた

まず、以下の日経平均とNYダウ(ダウ工業株30種平均)の株価を比較したチャート(日足)をご覧いただきたい。

(出典:筆者作成)

2021年1月4日のそれぞれの株価(2万7258円、3万0223ドル)を100として、直近の6月11日まで日次終値ベースで折れ線チャートを描いてみた。緑が日経平均、赤がNYダウのチャートだ。

日経平均は、当面の戻りの限界が明らかになった4月5日の3万0089円(3番目の天井)が110.4(年初来10.4%上昇)だが、ここを起点にNYダウとの差が開き始めたことがわかる。まるでワニの口のようだ。日経平均は6月11日現在で106.2、NYダウは114.1となっている。

ではなぜ日経平均はNYダウに比べ出遅れたのか。3、4、5月の月次ベースで説明してみよう。

次ページ3~5月の株価はどうだったのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT