今年の日経平均株価の高値はいくらになるのか

年後半は上昇しにくい展開になるかもしれない

東京では新型コロナの感染拡大傾向が続く。株価の先行きにも影響を与えそうだ(写真:つのだよしお/アフロ)

まずは改めてこの約半年間の相場を振り返って見よう。日経平均株価は2020年10月30日の2万2948円を基点に、上昇基調を継続している。これはマーケットが、大激戦だったアメリカの大統領選挙(同11月3日)でのジョー・バイデン大統領誕生と民主党の勝利をあらかじめ読み切ったことが大きい。同国の株式とともに、日本株も上昇したともいえるだろう。

その後、バイデン大統領が選挙前の公約に挙げていた巨額の財政政策で、恩恵を受けるとされていた次世代エネルギー関連等が急騰したことは周知の通りだ。日経平均株価も、節目となる高値2018年10月2日の2万4448円を同11月9日にザラ場・終値ともに超えてからは急騰を続け、今年の2月16日にはザラ場で3万0714円の高値をつけた。その後は2万8300円~3万0500円のレンジ内での推移となっている。

手前みそになるが、筆者は大統領選挙前の中立スタンスから選挙結果を受け、超強気に転換。「東洋経済オンライン」を含む各種メディアで早くから日経平均3万円台を予想してきた。「勝ち逃げ」するつもりなどまったくないが、ここからの予測はかなり難しい。今回も、文末において「できる限りの予測」をしてみたい。

日経平均株価の行方だけ当てても勝てない?

個人投資家にとって、日本株でリターン(利益)を上げるには、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数、東証1部の全銘柄を時価総額で加重平均して指数化したもの)などの株価指数の騰落を当てても、それだけでは勝てないことも多いと思う。日経平均株価やTOPIXなどのインデックスに連動するパッシブファンドといわれる投資信託やETF(上場投資信託)に投資しないといけないからだ。

 上記のパッシブファンドには値動きがインデックス2~3倍に動くものもある。だが、読者のなかには、やはり(指数よりも大きく上げ下げするような)個別株の醍醐味を味わいたい方も多いと思う。では、どういった基準で株を選べばいいのだろうか。

次ページ「バリュー株」と「グロース株」はどちらが優位だった?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT