今年の日経平均株価の高値はいくらになるのか

年後半は上昇しにくい展開になるかもしれない

これらを考えるうえで、とても大事な用語である「バリュー株」と「グロース株」を解説しよう。ひとことでいえば「グロース株(=成長株)」とは高いPBR(株価純資産倍率)の銘柄を指す。逆に「バリュー株(=割安株)」とは、割安で低いPBR銘柄のことを指す。広義では、PER(株価収益率)や配当利回りから割安・割高を判断して「バリュー株」と「グロース株」ということもある。

今回はTOPIXを構成する銘柄のなかで「PBR(株価純資産倍率)からみて割高な銘柄」を「TOPIXグロース」、割安な銘柄を「TOPIXバリュー」として2つに分け、解説(分析)しよう。

直近の約4カ月間は「バリュー株優位」

結論から言うと、マーケットが急騰し始めた2020年11月相場こそ、成長期待のグロース株(高PBRの割高株)が優位だったのだが、同12月~2021年3月は4カ月連続でお買い得なバリュー株(低PBRの割安株)が優位となっている。

特に、2021年2月と3月では、バリュー株とグロース株のリターン格差が大きくなった。具体的には2月はTOPIXバリューが前月比6.8%上昇したのに対して、TOPIXグロースは逆に0.4%下落した。また3月もTOPIXバリューが6.2%上昇したのに対し、TOPIXグロースは3.4%上昇にとどまった。

こうした2カ月間の値動き(バリュー株優位・グロース株劣位)は筆者の想定通りだったが、多くのマーケット参加者にとっては、想定外だったようだ。その背景には主に以下の3つの理由(①アメリカの追加景気対策、②同国のワクチンによる経済活動回復期待、③同長期金利の一時的な急上昇)が挙げられる。

特に、③はハイテク株などの高PBR・高PER銘柄の上値を抑えた(急落した銘柄もあった)。だが逆にメリットを受ける銀行株などは上昇した。加えて、①②により、(アフターコロナを織り込む形で)コロナ禍で大幅下落していた海運・鉄鋼など景気敏感なバリュー株も急上昇した。

わかりやすい切り口のためか、今年の3月以降はやたらに「バリュー株」と「グロース株」で相場を語る専門家が増えている。筆者は過去を分析するにはいいと思うが、今後、特に4~5月の予測をするのに使うのは気をつけたほうがいいと考えている。なぜならば、この期間は、あまり「バリュー株」か「グロース株」で差は出にくいと考えているからだ。

次ページなぜ差がつきにくいのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT