なぜ日経平均はNYダウに比べ「出遅れて」いるのか ワクチン相場に期待、今後は再度浮上も?

印刷
A
A
「ワクチン相場」が本格化する条件は整いつつある(撮影:東洋経済オンライン編集部)

今年の4月初旬以降、個人投資家の方々を中心に「ニューヨークダウ(以下、NYダウ)は上がり続けているのに、なぜ日経平均株価は上がらないのか?」という質問をいただくことが多くなった。5月の後半以降は日経平均も戻り歩調を強めているが、今回のコラムではこれをとりあげたい。

4月を起点に差がついた

まず、以下の日経平均とNYダウ(ダウ工業株30種平均)の株価を比較したチャート(日足)をご覧いただきたい。

(出典:筆者作成)

2021年1月4日のそれぞれの株価(2万7258円、3万0223ドル)を100として、直近の6月11日まで日次終値ベースで折れ線チャートを描いてみた。緑が日経平均、赤がNYダウのチャートだ。

日経平均は、当面の戻りの限界が明らかになった4月5日の3万0089円(3番目の天井)が110.4(年初来10.4%上昇)だが、ここを起点にNYダウとの差が開き始めたことがわかる。まるでワニの口のようだ。日経平均は6月11日現在で106.2、NYダウは114.1となっている。

ではなぜ日経平均はNYダウに比べ出遅れたのか。3、4、5月の月次ベースで説明してみよう。

次ページ3~5月の株価はどうだったのか?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT