中国、子供3人容認でも出生数減少阻止できない

北京大の著名エコノミストと姚洋院長が発言

中国は夫婦1組に認める子供の数を2人から3人に緩和する方針を最近発表したが、年間出生数減少という長期トレンドは阻止できないとの見方を北京大学国家発展研究院の姚洋院長が示した。

「長期にわたる効果の継続は期待できない」と指摘

姚氏はインタビューで、「出生率を大幅に引き上げることはできないと思う」と述べ、子供3人まで容認する政策は短期的な出生数増加にはつながり得るが、「長期にわたる効果の継続は期待できない」と指摘。「高齢化社会に備えた方がいい。それが東アジア社会の運命だ」と語った。姚氏は昨年、習近平国家主席らと意見を交わしたエコノミストグループの一員。

姚氏は人口高齢化にもかかわらず、中国は生産性の向上で今後10年間は5.5-6%の潜在力に近い経済成長率を維持できると予想し、都市化と教育、研究への高水準の投資を継続すべきだと主張。「投資が中国の成長の推進力にはならないだろうと言う人もいるが、私は同意しない。中国にはまだ資本が必要だ」と話した。

中国は産児制限政策を廃止すべき

労働力の減少を遅らせるため、政府は定年を徐々に引き上げる計画も公表しているが、「社会的抵抗」があり大幅な引き上げは難しいと姚氏は分析。今後5年にわたって1年につき平均6カ月ずつ定年を延長し、2025年までに定年を2年半引き上げることを「現実的」な選択肢として挙げた。中国の現在の定年は女性が50-55歳、男性は60歳。

人口高齢化の影響については、 「高齢化社会とはインフレではなくデフレを意味する。日本のように金利はゼロに向かって下がる傾向となるだろう」と分析。産児制限は今後10年で完全撤廃されるかもしれないと述べ、「個人的には中国は産児制限の政策を廃止すべきだと思う。今後5-10年でそうなる可能性がある」との認識を示した。

原題:China Can’t Reverse Declining Birthrate, Top Economist Says(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Tom Hancock

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT