待望の「ゴルフ8」実車でわかったデザインの妙

受け継がれる“らしさ"と先進性の好バランス

今回、試乗した新型「ゴルフ e TSI アクティブ」(筆者撮影)
この記事の画像を見る(8枚)

クルマのフルモデルチェンジとひと口に言っても、一新レベルから熟成レベルまでいろいろある。パソコンや家電製品など多くの製品に共通することであるが、プラットフォーム、パワートレイン、デザインのすべてをゼロから開発したフルモデルチェンジは稀であり、一部を先代から受け継いだ例が多い。

6月15日に発表された、通算8代目となるフォルクスワーゲンの新型「ゴルフ(通称:ゴルフ8)」も例外ではない。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

先代で初採用したMQBプラットフォームを継承しており、エンジンも先代の進化版だからだ。

MQBはゴルフのほか、「ポロ」から「パサート」まで、現在日本で販売しているフォルクスワーゲン車では、先代ゴルフの前に登場したミニバンの「シャラン」以外の全車種に使われている。

よって、ボディサイズは先代のゴルフ7からさほど変わっていない。全長4295mm×全幅1790mm×全高1475mmで、先代と比べると30mm長く、10mm狭く、5mm低くなった。全幅をゴルフの歴史上で初めて狭くし、2世代前と同じ数字に戻したことは、日本のユーザーにとってありがたい。

全高に関しては説明が必要だ。先代は途中のマイナーチェンジでアンテナ形状の変更もあり30mmも高くなっているからで、低くなったというより、前期型と後期型の中間に収まったというほうが適当だろう。

ホイールベースが短くなった理由

全長が伸びたのに対し、ホイールベースは15mm短い2620mmになった。これはワゴンの新型「ゴルフ・ヴァリアント」との差別化を図るためだ。ドイツで発表している新型ゴルフ・ヴァリアントのホイールベースは、逆に約50mm長くなっている。

本国ではすでに発表されている新型「ゴルフ・ヴァリアント」(写真:volkswagen)

Cセグメントと呼ばれるゴルフと同じクラスで、ハッチバックとワゴンの両方を持つ輸入車としてはほかにプジョー「308」がある。このクラスのプジョーは伝統的にハッチバックよりワゴンの「SW」のほうがホイールベースを長くとる。それに倣って差別化を図ってきたようだ。

スタイリングは、キャビンまわりについては先代に似ている。ジョルジェット・ジウジアーロがデザインした初代以来のアイデンティティである、リアドア後方の太い“くの字型パネル”のおかげで、ひと目でゴルフだとわかる。

次ページ“吊り目顔”から“メガネ顔”に
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT