プジョーSUV最新3モデル試乗で見えた人気の核心

ディーゼル、PHEV、EV…とバリエーションも豊か

今回、試乗ができたプジョーSUVの主力モデル「3008」(写真:Groupe PSA Japan)
この記事の画像を見る(17枚)

プジョーが勢いに乗っている。屋台骨を支えるのは御多分に洩れずSUVだ。2016年に世界販売がスタートしたCセグメントのSUV(日本での「CH-R」や「ヴェゼル」「キックス」などに近い)「3008」は、世界で80万台以上を販売した。そのプジョーは日本市場においても右肩上がりだ。こちらもSUVモデルを中心に販売を伸ばす。

筆者にとってフランスといえば“華やかで明るく、独自性を重んじる”、そんな印象である。取材で何度か訪れただけだが、文化と芸術、そして個性的なファッションに代表される華やかさだけでなく、何事にも縛られないちょっとルーズな一面を併せ持っているようで、なんだかとても居心地がよかった。

さて、昨今のフランス車はどうか。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

筆者が初めてプジョーの取材を行ってから30年近くが経過したが、今回試乗した最新のプジョーSUV各モデルには、昔と変わらぬ独自性があることが改めて確認できた。そして、肩肘張らないルーズなところも健在だった。

各国各社の新型車/旧型車の取材を続ける筆者にとって、ユニークであることはその後の印象を深める。フランス車でユニークといえばデザイン、機構、哲学ともに断然シトロエンだが、「グループPSA」の名の下に、今や「プジョー/シトロエン/DS AUTOMOBILES」の3つのブランドが1つの傘に収まる。

3008/2008/リフターに試乗

今回は、プジョーフルラインナップSUV試乗会に参加した。冒頭の3008にはディーゼルエンジンモデルのほかに、ガソリンエンジンのプラグインハイブリッド(PHEV)モデル、そして一回り小さいSUV「2008」、スライドドア採用の5人乗りSUV「リフター」も取材した。

ルノー「カングー」のライバルともいえる「リフター」(写真:Groupe PSA Japan)

試乗した各モデルは、「3008 GT BlueHDi」が直列4気筒2.0リッターディーゼルターボ(177PS/400N・mで税込み473.6万円)、「2008 GT Line」が直列1.2リッターガソリンターボ(130PS/230N・mで同338万円)、「リフターGT」が直列4気筒1.5lディーゼルターボ(130PS/300N・mで同361万円)。

実にバリエーションが豊かだが、ボディ形状やエンジン種類が異なっていても、すべてに共通するものがあった。それは独特の乗り味だ。

次ページ一癖も二癖もあるフランス車らしさ
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT