アウディA3全面改良!形以上に変わった中身

サスティナブル時代に向けた小さな高級車の形

左「A3スポーツバック」、右「S3スポーツバック」(写真:Audi Japan)
この記事の画像を見る(24枚)

アウディ ジャパンは2021年4月21日、同社のプレミアムコンパクトハッチバック「A3 スポーツバック」とセダン「A3 セダン」のニューモデルと、Sモデルと呼ばれるスポーツ仕様の「S3 スポーツバック/セダン」を発表し、同日より受注を開始した。

A3シリーズは、1996年に初代モデルが登場して以来、全世界で500万台以上、日本国内でも約10万5000台が販売されている隠れたヒットモデルだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ベースとなるメカニズムはフォルクスワーゲン「ゴルフ」と共有し、およそ300万円からという価格設定もあって、歴代が手頃なアウディの入門車であると同時に、ゴルフのプレミアム仕様のような位置付けになっている。

アウディジャパン代表取締役社長のフィリップ・ノアック氏によると、A3の人気の理由について「革新的なデザインと細部に至るまでプレミアムなアウディの高い品質、都会での使いやすさ、実用性の高さ」といった点がユーザーから評価されているという。

「小さな高級車」のコンセプトで1996年に発売された初代モデルは当初、3ドアモデルのみだったが、後に5ドアの「スポーツバック」を追加。先代型となる3代目ではセダンもラインナップに加え、手頃なサイズ感と、アウディらしいスポーティさや高品質感により一定の人気を保ってきた。

デザインはよりシャープに

第4世代となる新型も、その方向性は変わらない。基本的もプロポーションも踏襲するが、近年のアウディに共通するようにシャープさが増し、パワートレインに48Vマイルドハイブリッドを導入。さらにデジタルデバイスがアップデートされた。グレード構成が一新され、「ベース」「advanced 」「S line」 となったのも新しい。

エクステリアは、一見すると大きく変わっていないように見えるが、よく見ればディテールに至るまですべてが変わっていることに気づく。新たに開発された低くワイドなシングルフレームとシャープなプレスライン、エッジの効いたLEDヘッドライトがデザイン上の特徴だ。

次ページ「クワトロ」のようなフェンダー
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT