アウディA3全面改良!形以上に変わった中身 サスティナブル時代に向けた小さな高級車の形

印刷
A
A

2.0 TFSIエンジンは最大1.8barの過給圧(相対圧)のターボチャージャーと350barの燃料噴射が備えられ、最高出力310ps、最大トルク400Nmを発揮。トランスミッションは7速Sトロニックで、電子制御式油圧多板クラッチが用いられたクワトロ4輪駆動システムが組み合わされている。

サスペンションは、40 TFSIと同じくフロント:マクファーソンストラット式、リア:ウィッシュボーン式だが、車高は15mm低められ、オプションで電子制御式のダンピングコントロールサスペンションを選択することも可能だ。

「プレミアムモビリティの未来」を見せられるか?

価格(消費税込)は、A3スポーツバックが310~483万円、A3セダンが329~502万円。S3スポーツバックが642万円、S3セダンが661万円。ベースモデルことゴルフとオーバーラップする設定だが、上級グレードになると上位モデルの「A4」のエントリーグレードを超える。

アウディ「A4」は447万円から(写真:Audi Japan)

新型モデルの導入を記念して用意された「1st edition」も発売され、価格はそれぞれ30 TFSI advancedをベースに装備を充実させたA3スポーツバックが453万円(375台限定)、A3セダンが472万円(同125台)、S3スポーツバックが711万円(同125台)だ。発売開始は全モデルとも、2021年5月18日予定と発表されている。

自動車のサスティナブルな未来に向けて、クルマのデザインと開発を行っているアウディのブランドビジョンは、「プレミアムモビリティの未来を形づくること」。そして、このビジョンを、「未来は考え方ひとつ」というフレーズで表現していくとしている。

そんなアウディの描くサスティナブルでプレミアムなクルマの未来は、「特別感」を求めるアウディユーザーにどのように響き、どのように受け入れられていくのだろうか。また、メルセデス・ベンツ「Aクラスセダン」やBMW「2シリーズグランクーペ」といった後発のライバルも登場してきた中でどれだけ存在感を示せるのだろうか。

そこは、ユーザーがどれだけアウディの“ビジョンに共感できるのか”にかかっているのかもしれない。ユーザーの“考え方ひとつ”といえそうだ。

この記事の画像を見る(24枚)
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT