アルピナB5とB7に見た高性能と快適の異次元両立

ゆったりした高級車ながら恐ろしく速く鋭く走る

アルピナ「B5」(左)と「B7」はいったいどんな車なのか(写真:ニコルオートモビルズ)
この記事の画像を見る(15枚)

特別な人々に向けて特別なクルマを作ることを旨としてきたBMWアルピナだが、最近は顧客や報道陣に対するコミュニケーションをごく限定された範囲から、徐々に拡大しようとしている。その背景として、日本においてXモデルの販売比率が5割近くに伸びたこと、世界販売台数が年間約1600台まで増えて、昔に比べれば供給能力に余裕ができたことが挙げられる。先鋭的なマニアばかりでなく、より一般的な人たちへの周知活動も有効とみなしたのだろう。

そんな彼らのインポーターであるニコル・オートモビルズが、軽井沢で試乗会を実施したので参加してきた。そこに並んでいたのは「B5リムジン アルラッド」と「B7ロング アルラッド」。BMWアルピナの中でもフラッグシップというべきモデルたちだ。現在、販売台数の面ではBMW 3シリーズをベースとする「B3」や「D3」が人気だが、彼らはもともと大排気量ガソリンエンジンを搭載する大型セダンでコンプリートカーづくりに踏み出した。つまり今回、彼らは「本丸」の実力を試してきたことになる。

B5_世界最高峰のドライバーズサルーン

アルピナ・ブルーに包まれたフォーマルなルックス。そしてミルテウッドに彩られたインテリア。どこに出しても恥ずかしくない世界の高級ドライバーズサルーンの最高峰だ。そうでありながらB5は、走らせてみればきわめてパワフルで、スポーツカー的であった。

621馬力と800Nmを発揮する4.4リッターの心臓は、V8ならではのビートで楽しませる。クリーンながらも底辺でV8の素性を感じさせるドロドロとしたサウンドと音圧には、本当の本物だけが備える迫力がある。最大トルクの800Nmは2000〜5000rpmの幅広い領域で発生されているはずだが、高回転域に行くにつれパワーを強調するタイプであると感じさせてくれる。

ドイツの名門サプライヤーであるZF製の8速ATは、実にシャープな変速を実行し、迫力あるエンジンとあわせて、このクルマのマッシブな存在感の醸成に役立っている。

軽井沢の街を越えた先は100カ所以上のコーナーからなる碓氷峠だ。十分軽いがつねにしっかりとした手応えを、緑と青のステッチが施されたステアリングが伝えてくる。強大なトルクに背中を押されて、足取りは自然に速まってしまう。

次ページタイトコーナーでB5はどんな動きを見せた?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT