テスラの練り上げられた作戦に脱帽してしまう訳

EVの販売台数を数えているだけでは真価を見誤る

テスラのビジネスモデルの要諦はEVづくりにない(写真:Brent Lewin/Bloomberg)
DX(デジタルトランスフォーメーション)の勝者が次に目指すのは「脱炭素」と「公平・公正」――。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授が、テスラ、アップル、セールスフォース、ウォルマート、マイクロソフト、ペロトン、アマゾン、DBS銀行のグランドデザインを徹底解説した新著『世界最先端8社の大戦略 「デジタル×グリーン×エクイティ」の時代』より一部抜粋、再構成して3回連載でお届けします。
第1回「ウォルマートが世界最強小売企業の座を固めた訳」(6月17日配信)に続く第2回はテスラです。

クリーンエネルギーを「創る、蓄える、使う」

テスラの株価はコロナ禍にもかかわらず急騰を続け、2021年1月には1年前の9倍以上にまで膨れ上がりました。2020年の業績は、中国市場と北米市場が牽引して好調を維持、販売台数は前年比25%超の約50万台に達し、売上高は前年比28%増の315億ドル(約3兆4500億円)、営業利益は20億ドル(約2200億円)と上場以来初の黒字を達成しました。今やテスラはEVのリーディングカンパニーです。

もっとも、EVだけでなくガソリン車を含めた自動車全体の販売台数を見れば、トヨタ自動車はグループ全体で952万台(2020年)に達しており、テスラはその9分の1程度にすぎません。

にもかかわらず既存の自動車メーカーを圧倒する高評価を得ているのはなぜか。それは端的にいえば「テスラは自動車メーカーではない」からです。テスラという会社のビジネスモデルの要諦は「クリーンエネルギーのエコシステム」を構築することにあります。EVの販売台数を数えているだけでは、テスラの真価を掴みそこねてしまいます。

実際、テスラの事業はEVだけではありません。太陽光発電を行う屋根「ソーラールーフ」や、急速充電器「スーパーチャージャー」、家庭用蓄電池「パワーウォール」などのエネルギー事業を着々と拡大させています。売上高の内訳を見ると、約80%は自動車の販売・リースですが、約10%は発電・蓄電関連、残り10%が充電ステーションなどのサービスの売上です。2016年には太陽光発電会社のソーラーシティを買収し、発電・蓄電関連の売り上げは増加傾向です。

次ページ三位一体事業こそがテスラの実態
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT